FC2ブログ

記事一覧

ピーコさんの役割

ピーコさんは母とショッピングセンターに行った際、ちょうどショップデビューしたところに遭遇し、あまりの可愛さにQ太郎の友達にしようと家に迎えた子です。生後一か月キトンブルーの瞳がきれいな小さなアメショーの女の子は「ニャーッ」というより「ピャーッ」という鳴き声だったので、名前はピー子になりました。生後一か月でショップに出されましたが、二か月までは家に連れて帰れないとのことでその間にピー子のオシッコを付けた紙を持ち帰り、Q太郎に快く受け入れてもらえるよう準備をして待ちました。

Q太郎そのころすでに1歳10ヶ月の成猫だったのでうまく受け入れてくれるだろうかと心配しましたが、彼はピー子の臭いが付いた紙が入った箱をスリスリし毎日首を長くして待っていました。

しかし・・・しかしです!
2か月が経ち対面したその瞬間、友好的に優しい顔を近づけたQ太郎に対してピー子は怖ろしい顔で「シャーッ!!]と威嚇し、小さな爪をQ太郎の鼻に振り下ろしたのです。

それから我が家にいろいろな事件とも言える事が起こりました。いえ、今も起こり続けています。
その出来事は、もみぢのエピソードと共にまたの機会に・・・。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント